イオン導入のシミへの効果はあるのか、論文で調べてみた。

イオン導入って本当に効果があるのか、疑問に感じませんか?

 

私も美容皮膚科で受けてみて悪くはないと感じたのですが、少し気になったので試しに論文を調べてみました。

そうしたところ、イオン導入によるシミへの効果について書かれた論文を見つけて、イオン導入は繰り返し受けることで効果があることがわかりました。

そこで、この論文の内容に基づいてイオン導入のポイントなどをわかりやすく紹介します。

 

参考文献

(*1) 船坂 陽子 しみのビタミンCイオントフォレーシス 『臨床皮膚科』59巻5号

 

また、イオン導入を繰り返し受けられる方法として、このページでは自分で繰り返し使える自宅用のイオン導入器も紹介しています。

美容皮膚科で繰り返し受けるのは値段も通う負担も大変ですので、チェックしてみてください。

 

イオン導入はシミへの効果があるのか

まず、イオン導入がシミへの効果があるかという点についてですが、結論からお伝えすると「イオン導入の効果はある」ということで、以下の論文などでその報告がされています。

 

イオン導入のシミへの効果を報告する論文

  • 高瀬吉雄 臨床皮泌16,799,1962
  • 鈴木晴恵 日美外報20,46,1998
  • 畑三恵子 Aesth Dermatol10,15,2000
  • 伊藤嘉恭 Frag J 30(2),37,2002
  • Huh CH, et al:Dermatology206,316,2003

 

また、医学専門紙上でその効果を検証した写真もあるため(*1)、本ページに引用した上で、以下の通り紹介します。

 

イオン導入はシミに対してどの程度効果があるのか

①シミに最も効果が見られた事例

まず、シミに対してイオン導入で最も効果が見られた事例は、以下の通りです。

 

文献のスキャン画像であるため分かりにくいかもしれませんが、目元と頬、口・ほうれい線あたりのシミが消えていることがわかります。

 

船坂 陽子 しみのビタミンCイオントフォレーシス 『臨床皮膚科』59巻5号より、画像引用

 

こちらは、ビタミンCのイオン導入を週1回、計12回行った結果です。

 

そして、(*1)の文献では、32人に対して顔の半分だけイオン導入をしたテストケースとなりますが、日光性のシミに対しては全ての事例で改善が示されたということです。

一方、単純にビタミンCを塗っただけの方では、7人が改善が見られなかったということで、明らかにイオン導入の効果が見られたと言えます。

 

②皮膚色の淡色化が見られたケース

続いてのケースは、イオン導入によって肌の色が淡色化した事例です。

 

船坂 陽子 しみのビタミンCイオントフォレーシス 『臨床皮膚科』59巻5号より画像引用

 

こちらは、イオン導入を続けることによって、頬がチークを塗ったように赤く見えるようになってきたことがわかります。

これは、赤ちゃんのように肌の質感がうすく透過するようになった効果によるもので、写真は60代の女性ですが、肌が気色ばんで健康的に見えるようになった感じがします。

 

イオン導入の効果のポイント

この2つの結果を踏まえて、イオン導入のシミへの効果についてまとめると、次の通りとなります。

 

イオン導入のシミへの効果

  • イオン導入は、小さいシミ、特に一般的に最もよく見られる日光性のシミを消すことのできる効果がある
  • 肌の色を淡色化する(いわゆる美白)効果がある

 

イオン導入のデメリット

ただ、このように効果が示されているイオン導入ですが、いくつかデメリットもあります。

そのデメリットというのは、以下の2点です。

 

イオン導入のデメリット

  • 繰り返し行う必要がある
  • 大きなシミに対する効果が弱い

 

繰り返し行う必要がある

まず1点目のデメリットは、繰り返し行う必要があるということです。

 

前述の2つの事例の1点目は、週1回のイオン導入を合計12回行った結果であるため、まだ現実的ではありますが、2つ目の事例に至っては1日1回のイオン導入を毎日4か月もの期間続けた結果となるため、これだけの頻度でこれだけの期間続けるのはかなり大変です。

 

大きなシミに対する効果が弱い

そして、続いてのデメリットとして、大きなシミに対する効果が弱いということです。

 

こちらも2つ目の事例を見ると、大きなシミの中央がうすくなっているという記述(文献の中では「大斑型の色素斑では色調が中央より退色している(*1)」との記載)がありますが、実際写真をよくよく見ても、それほど効果がはっきりしているようには感じません。

しかも、これが1日1回のイオン導入を毎日4か月もの期間続けた結果であるため、これだけの頻度・回数で行った結果に対してこの効果であれば、大きなシミに対する効果は弱いと言わざるをえないです。

 

イオン導入のメリット・デメリット踏まえた まとめ

このようにイオン導入にはデメリットもあるとは言え、シミ(特に細かなシミ)に対する効果があることは間違いありません。

 

また、細かなシミが消えたケースの場合、続ける頻度・回数にしても、週1回を12回ですので、それほど非現実的なことではありません。

 

そこで、イオン導入のデメリットも踏まえた上で、いかに上手にイオン導入を活用するかを考えると、以下のように認識するのがバランスのよい考え方であると言えます。

 

イオン導入をどう考えるか

  • ごく細かいサイズのシミの治療や、肌の色を改善したい場合は、イオン導入で継続的に対処するのが有効
  • ある程度の大きさのシミに対しては、イオン導入だけに頼らずシミ取りレーザーやフォトフェイシャルなど美容皮膚科のシミ治療を利用する方が賢明

 

シミ取りレーザーはシミ消しの効果が確実ですし、最近では料金的にも手軽に受けられるようになってきた上に、一度受けてしまえばそれほど恐がるものでもないとわかるので、一度検討してみてください。

 

シミ取りレーザーの口コミ!後悔しないために徹底比較した私のオススメ美容皮膚科

シミ取りレーザーの口コミ!後悔しないために徹底比較した私のオススメ美容皮膚科

湘南美容クリニックで、シミ取りレーザーを体験してきました!写真多めの詳細経過レポート

湘南美容クリニックで、シミ取りレーザーを体験してきました!写真多めの詳細経過レポート

シミ取りレーザー治療を受けたいと思う人が、知っておくべきことの全て

シミ取りレーザー治療を受けたいと思う人が、知っておくべきことの全て

東京のフォトフェイシャル、値段と口コミで比較したオススメの美容皮膚科

東京のフォトフェイシャル、値段と口コミで比較したオススメの美容皮膚科

 

イオン導入を受ける方法

それでは、ここからはイオン導入をするための具体的な方法をお伝えします。

主に以下の2つの方法があります。

 

イオン導入を受ける方法
  • 美容皮膚科で受ける
  • 自宅でイオン導入器を使う

 

美容皮膚科でイオン導入を受ける方法

まず、美容皮膚科でイオン導入を受ける方法です。

ただ、美容皮膚科のメニューとしてイオン導入は安い方ですが、それでも12回など続けるとなると結構な金額になる上、通うのも大変です。

 

イオン導入を受けられるおすすめの美容皮膚科

イオン導入を利用しやすい料金の美容皮膚科を探してみましたが、それでもこの料金です。

 

聖心美容外科5,400円(税込)【備考】横浜院、福岡院のみ
湘南美容外科5,670円(税込)【備考】銀座院、千葉センシティ院以外可、福島院も一部不可
品川美容クリニック12,960円(税込)【備考】品川本院のみ

 

自宅でイオン導入器を使う方法

そこで、現実的には、自宅でイオン導入器を使う方法がオススメです。

 

自宅でイオン導入器を使う方法は、とにかく気軽で安くできるため、イオン導入で一番大切な”続ける”ということが容易にできるというメリットがあります。

 

そこで、おすすめのイオン導入器を紹介します。

 

おすすめのイオン導入器①  ブロードイオン

まず、1番のおすすめは、ブロードイオンです。

 

 

パックで一気にイオン導入できる(ラクに続けられる)

イオン導入は、過去には手に持つハンドピースタイプが多かったのですが、手間や時間が掛かって面倒であるというデメリットがありました。

 

ところが、こちらの製品はパックで一気にイオン導入をすることができるので、面倒もなく本当にラクです。

 

価格も良心的

また、価格も良心的です。

専用ローションとマスクもついて、送料無料で29,800円(税込)は、かなり手頃です。

 

また、通販で売られている美顔器は、付属の高額な美容液の抱き合わせで、最終的に高額の支払いが必要なものも多いです。

例えば、初回数千円などの料金を示して一見して安そうに見せながら、付属の美容液が定期コース12回の受け取り必須になっていて、最終的な支払い合計額が10万円を超えるものもあります。

 

その点、ブロードイオンは、そのような定期コースの抱き合わせ販売もないので安心です。

 

市販のパックを使って楽しい

さらに、これは裏技的な使用方法となりますが、ブロードイオンを使って、ドラッグストアなどで販売されている市販のパックを色々試してみるのも楽しいです。

 

この方法は、他の美顔器・イオン導入器にはできない使い方である上、市販のパックの効果をさらに上げられるので、かなりトクした感じでうれしいです。

 

ただ、注意点としては、ビタミンC誘導体、プラセンタ、トラネキサム酸、アミノ酸など粒子の細かな成分のものを使うという点があります。

コラーゲンやヒアルロン酸など粒子が大きい成分は、イオン導入器でのケアには不向きとされているため、ご注意ください。

 

しっかりとイオン導入器

他の美顔器にもイオン導入機能がついたものがありますが、効果がハッキリしないものが多いです。(そのため当ページでは紹介しません)

しかし、ブロードイオンは、皮膚科医が開発した製品であるため、効果は明白です。

 

また、メーカーとしてもイオン導入にしっかり向き合っているメーカーですので、信頼できます。

詳細は以下の公式サイトから確認できるため、チェックしてみてください。

 

\簡単・シンプル・時短ケア/

ブロードイオンの公式サイト

*モニターキャンペーン実施中

 

おすすめのイオン導入器②  ホームビタリオン

続いてのおすすめは、ホームビタリオンです。

 

 

こちらは、業務用のイオン導入器を製作しているメーカーの、ホームケア用イオン導入器です。

前述の論文でも、このメーカーの業務用イオン導入器を使って検証がされているため、本格的です。

 

ただ、デメリットとしては、スティックタイプであることから、溶剤を浸しながら顔全体に当てていく必要があるため、結構な手間です。

 

また、値段も高い(本体のみで税別49,800円+溶剤12回分が税別14,000円)です。

 

そして、本格的なだけに機械の操作が少し難しいです。

 

ただ、「美容皮膚科で使われている本格的なメーカーのイオン導入を自宅で行いたい!」というのであれば、こちらのホームビタリオンがおすすめです。

ちなみに、とても高価ではありますが、業務用も購入できるため、詳細は以下の公式サイトをご覧ください。

 

 

イオン導入のシミへの効果 まとめ

ここまで、医学専門紙を根拠としたイオン導入の効果についての詳しい内容と、おすすめのイオン導入の受け方について具体的にお伝えしてきました。

 

イオン導入は、細かなシミを消す効果と、肌の色を改善する効果があることがわかりました。

ただ、そのように効果を出すためには、とにかく繰り返し受けることが必要ということもわかりました。

 

そこで、繰り返し受けるためには、自宅でイオン導入器を使用するのがオススメということで、このページではオススメのイオン導入器を紹介しました。

美容皮膚科で繰り返し受けるのは大変ですので、チェックしてみてください。