湘南美容クリニックで、シミ取りレーザーを体験してきました!写真多めの詳細経過レポート

湘南美容クリニックで、シミ取りレーザーを受けてきた体験談を口コミレポートします。

 

湘南美容クリニックは、全国に46拠点ある業界最大手の美容クリニックで、特に都内の両国駅にある「湘南メディカル記念病院(両国)」は美容クリニックが初めての方や、男性でも入りやすい拠点ということで評判だったので、実際に行ってみました。

 

クリニックの様子や、シミ取りレーザーを受けてみた治療の様子なども、写真を交えてお伝えします。

 

*無料カウンセリングあり、初診料・再診料無料

 

湘南美容クリニックのシミ取りレーザー体験レポート

予約の流れ

まず、湘南美容クリニックへ行く場合には予約が必要となりますが、湘南美容クリニックの公式サイトから行うのが簡単でした。

 

公式サイトに入ると、以下の予約ボタンがページの最下部に表示されているので、そこから順番に進んで受診したい拠点の選択・名前・電話番号・メールアドレスなどの入力をしていくだけで簡単です。

湘南美容クリニックのネット予約ボタンの画像

 

ちなみに、ネット予約に際して注意点を挙げるとすれば、入力途中にある「希望している治療」を選択するページです。

「スペクトラ」や「ギャラクシー」など、見慣れない施術名がずらっと表示されます。

 

ここで少し困るかもしれませんが、最下部にある「その他」の項目に「顔のシミのレーザー治療」と入力するので大丈夫でした。

 

受診日当日。湘南美容クリニック(両国院)に到着

予約後、受診日当日となったので、実際にクリニックへ行ってきました。

 

「湘南メディカル記念病院(両国)」は、両国駅の西口を降りて、両国国技館の反対側(南側)に出るとすぐにありました。

 

 

ちなみに、この写真を撮影した場所はクリニックから道路を挟んだところとなりますが、その場所はほぼ駅の構内です。

ほぼ駅の構内からこの写真が撮れるくらい、「湘南メディカル記念病院」は駅からすぐ近いです。

 

外観が普通の病院のようで、入りやすい

なお、写真を見てもらうとわかりますが、建物としては美容クリニックっぽくない普通の病院の外観です。

 

だから、美容クリニックが初めての人や、男性でも入りやすいのですが、どうやらこの「湘南メディカル記念病院」は、元々「両国駅前病院」という病院だったのを湘南美容クリニックが経営権を取得して今に至るという経緯があったようです。

 

そのため、この両国の拠点は、普通の病院に入っていくように抵抗なく入れるのが良いですね。

「湘南メディカル記念病院」という美容クリニックっぽくない名前も、気軽に入れる入りやすさを意識しているのかもしれません。

 

内科か何か受診のおばあちゃんと一緒に入口を入る

実際、入口の案内板を見ると、3階の美容皮膚科の他にも、内科やリハビリテーション科などもやっているようでした。

 

 

実際、私が入口を通る時も、内科か何かを受診すると思われるおばあちゃんと一緒だったので、何の抵抗感もなく入れました。

 

エレベーターで3階の美容皮膚科 受付へ

そして、入口からクリニックに入ると3階が美容皮膚科とのことで、入口からまっすぐ行ったところにエレベータがあったので、そのままエレベーターで3階に行きました。

 

そして、エレベーター降りてすぐに美容皮膚科の受付があったので、そこで受付のおねえさんに予約を伝えたところ、次に2つを渡されました。

 

  • 番号表の入ったファイル(最後までこの番号表の番号で呼ばれます)
  • 問診票

 

ちなみに、3階まで来ると、木目調のリラックスできる内装に、ゆっくりした音楽が流れていて、いわゆる美容クリニックっぽい雰囲気を感じました。

 

他の来院者を見てみたら女性がほとんどで、男性はひとり

なお、待っている時に周囲を見回したところ、他の来院者は20代~40代くらいの女性がほとんどで、男性はひとりだけ20才くらいのイケメンの男の子がいました。

 

湘南美容クリニックにいたイケメン君

 

この、来院者のイケメン君はパッと見でモデルか何かやっているような感じでした。

そして、「やっぱりこういうところでケアしているから違いが出るんだろうな~」と思いました。

 

なお、この日の混み具合は、常に待合室に1人いるかいないかくらいの状態で、あまり混んではいませんでした。

特に、この日は平日の午後だったから空いていたのかもしれませんが、帰りに受付のおねえさんに聞いてみても「混み具合は日による」とのことでした。

 

待合室で問診票を書く

こんな感じで初めてだったのでキョロキョロしてしまいましたが、さっそく待合室で問診票を書きました。

 

問診票で書く内容は、アレルギーの有無、常用している内服薬の有無など、病院で一般的に問診票に書かされる内容が主です。

 

そして、それらの項目に加えて、顔に金属のものが入っていないかなど(整形で入れることがある?)、レーザー治療に関係しそうな内容が問診票の項目としてありました。

 

医師による診断

問診票を書き終えて少し待つと、診断室に呼ばれて、早速医師による診断が開始されました。

ここで、鏡を渡されて、その鏡を見ながら自分の顔の気になる点を伝えて、治療の内容を相談します。

 

ホクロも取ってしまおうか相談したら丁寧に説明してもらえた

実は当日、シミとあわせてホクロも取ってしまおうか迷っていたため、相談してみました。

そうしたところ、ホクロとシミの違いまで絵に書いてわかりやすく説明してもらえたので、良く理解することができて良かったです。

(結局ホクロは取らなかったです)

 

フォトフェイシャルなどについても教えてくれた

また、シミの他にもくすみが気になると伝えたところ、フォトフェイシャルなどについても詳しく説明してもらえました。

この時は、女性の医師の方でしたが、全体的にとても丁寧な説明をして頂けたので、よく納得できました。

 

ちなみに、その時は「わりとヒマそうだったからある程度しっかり説明してもらえたのかな?」と思いましたが、後で処置室に入っていく時には結構忙しそうにしている雰囲気が見えましたので、診断の際は急がせるようなことをしないように丁寧に応じてくれているのだろうと好印象に感じました。

なお、診断に際しては、ある程度の料金の目安も伝えたため、あとで見せてもらった見積もりも予算に見合った額を提示してもらえたので良かったです。

 

カウンセラーによる事前説明と、見積もりの提示

医師による診断が終わると、少し待合室で待った後、カウンセリングルームへ通されます。

カウンセリングルームといっても、待合室に併設された2畳くらいの限られたスペースとなりますが、そこでカウンセラーによる事前説明と見積もりを受けます。

 

事前説明は、レーザー治療の際に発生する可能性のある、いわゆる“戻りシミ”と呼ばれる現象についての事前の承諾と、治療後のケアについての注意説明がしっかりされました。

 

戻りシミについて詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

シミ、再発の真実…シミ再発の原因と対策

シミ、再発の真実…シミ再発の原因と対策

 

そして、その説明に対して納得した後に、見積もりが提示されて、誓約書への記入をします。

 

なお、支払いはその場ですぐ行う流れで、施術前の前払い形式となります。

今回、私が体験した際の料金は、シミ3か所の料金にテープ代・軟膏代(1,090円)が加わって、8,380円でした。

 

シミ取りレーザー治療の実際の流れ

それでは、続いてシミ取りレーザー治療の実際の流れです。

 

処置室へ

カウンセラーによる事前説明と支払が終わると、待合室へ出たところくらいですぐに看護師さんに呼ばれてさっそく処置室へ行くことになりました。

 

処置室は、レーザー治療器(ここではヤグレーザーのスペクトラという機械)と、ベッドがあるだけのシンプルな造りで、4畳くらいのスペースだったかなと思います。

 

そこで看護師さんが改めて、名前と治療内容の確認をして、治療時の注意やアフターケアについての説明をしてくれました。

ちなみに、この時の看護師さんは、肌が陶器のように白くきめ細かく、きれいでした。 

 

シミ取りレーザーの治療開始

看護師さんの確認が終わると、ベッドに横になって待っていることになりますが、すぐに先生が来て治療開始となりました。

 

今回は顔のシミ治療ということで、念のために目をガードするためのアイガード(ウルトラマンセブンに変身する時に付けるアレのようなもの)を付けます。

 

そして、先生の「イチ、ニ、サン」の掛け声とともに、指定した治療箇所にレーザーを照射します。

治療自体はあっという間で、3分程度だったかと思います。

 

シミ取りレーザー治療後の処置

治療が終わると、先生は処置室から退室するのですが、入れ替わりですぐに看護師さんが入ってきてくれます。

そして、レーザーを打った部分に軟膏を塗り、保護テープを貼ってくれて、全て終了となります。

 

ちなみに、治療後の看護師さんも、治療前の看護師さんとはまた別の方でしたが、二人ともとても肌がきれいでした。

最後に、看護師さんに「何か気になる点はありませんか?」と聞かれた時に、よっぽど「どんなケアをしてそんなに肌がきれいなんですか?」と聞きそうになりました。

 

そして、アフターケアをしてもらった後は支払いも済んでいるので、そのまま受付に寄って番号表ファイルを返して、帰宅する流れとなります。

 

実際、掛かった時間としては、はじめから通して最後まで1時間も掛からなかったくらい、さっくり終わりました。

 

湘南美容クリニックでシミ治療を受けてみての感想

まず、全体的に、受付の方・医師・カウンセラー・看護師、全ての方の対応が丁寧で、ホスピタリティという点をよく理解しているように感じたため、気持ち良くサービスを受けることができました。

 

また、それぞれのスタッフ同士、横の連携も非常にスムーズで、診断室からカウンセリングルームへ行く際や、カウンセリングルームから処置室へ行く際など、合間となるつなぎの時間で待たされることもほとんどありませんでした。

そのため、終始ストレスを感じることはありませんでした。

 

この点に関して、看護師さんは専用のマイク・イヤホン・端末を常に装備して、常時状況を確認しながらスムーズに対応していましたが、このようなスタッフ同士のコミュニケーションや連携の仕組みがしっかり整備されているあたりは、さすが最大手といった印象でした。

 

持ち帰りの品々

なお、持ち帰ってきた主な品々は以下となります。

見積書と、アフターケアの説明書と、軟膏・保護テープです。

 

 

見積書が、「あなたをもっと綺麗にするご提案書」というのが、なんかいいですね(笑)

 

この軟膏とテープで1週間、レーザーを当てた部分を保護する形となります。

 

シミ取りレーザー治療後の経過

それでは、シミ取りレーザー治療後の経過です。

 

私の場合、すでに主だった顔のシミは以前に取ってしまっているため、今回は”こめかみ”あたりに少し目立ってきたシミを軽く除去するだけで簡単でした。

 

 

このように、あまりシミだらけになる前に、少しずつメンテナンスするイメージでシミの治療をしていけば、それほど金額も掛からずにシミのない状態を維持していけます。

 

今回の体験で、1万円も掛からず手軽に利用できることもわかりましたので、シミがひどくなる前に上手に湘南美容クリニックを利用してみるというのは良い選択肢だと思います。

 

*無料カウンセリングあり、初診料・再診料無料

 

口コミ

まだ新しくオープンしたばかりの拠点ですので、管理人が予約した2016年夏頃の段階でネットを見ても、正直あまり「湘南メディカル記念病院」の美容皮膚科・美容外科の口コミは見当たりませんでした。

ただ、カウンセリングルームの中に来院者の声をまとめたルーズリーフがあったため、その中身を見たところ、湘南メディカル記念病院(美容皮膚科・美容外科)の責任者である上原 憂大 医師を信頼してわざわざ脂肪吸引を受けに来たという内容が多く書かれていました。

今回シミ治療を終えて自宅に帰った後、少し調べてみたら、上原 医師は脂肪吸引を得意としていることがわかり、そのように書かれた情報を多く見つけられました。

カウンセリングルームにてたまたま見つけた来院者の声のルーズリーフに書かれたもので、今回のシミ治療の記事とは関係ない内容ではありますが、もし脂肪吸引の方も気になるという方がいて参考になることがあるかもしれないと思いましたので、一応書いておきました。